平野製品NEWSマガジン平野通信機材の気になる製品やニュースを徹底紹介
We Didn't Start The Fire.

若手の成長なくして会社の繁栄なし「平野営業春秋」

2021.09.06 連載コラム

こんにちは、本社営業部マネージャーのTです。
最近の私はというと、子供達も大きくなり、コロナの影響もあって家族で出かけることも減ってしまったため、父である私は近所の大きな池がある公園で小物釣りをしてます。
コロナ禍でストレスの多い最近では、こうした息抜きが肝心。
本来なら海釣りに行きたいところですが、自転車で10分もかからない手軽さ、退屈しのぎに小物釣りはうってつけなのです。
自然も多い公園なので、ウキに集中していると雑念を忘れてまるで座禅をしているように心が落ち着きます。
タナゴ※1を狙っていますが、今日も釣れるのはモツゴ※2ばかり...(笑)。

さて閑話休題。
私は営業メインでやってきた人間でしたが、現在はマネジメントを担当しています。
手前味噌にはなりますが、近頃、若手社員の活躍が目立ってきているように思います。
仕事で一番やりがいを感じるのは、なんといっても「若手社員が褒められること」です。
お客様に「彼、成長しましたね!」と言っていただけると、日々の努力が実っている気がして非常に嬉しいものです。
まだまだ未熟ではありますが、努力している姿をお客様が見て評価してくださる。
これはとってもありがたいことです。
成長著しい彼らを見ていると、自分が同じ年の頃、彼ら同様の仕事が出来ていたのか!? なんて思うことがありますが...(汗)。

コロナ禍で厳しい状況かと思いますが、もしお許しを頂けるのであれば、たくさんのお客様のところに訪問し、微力ではあると思いますが、お役に立てる存在であり続けたいと思います。
今後もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

釣りの様子(著者撮影)。ちなみにこの魚はモツゴ(クチボソ)です

※1 コイ科の淡水魚。釣りのターゲットとして重宝される。タナゴ釣りは何と言っても世界最小のターゲットゆえの、他の釣りにはない極小仕掛けによる繊細さと、魚がかかった際の小さくてきれいな魚体との小気味良いやりとりにあるとされる。
※2 コイ科の淡水魚。関東地方では、受け口の頭部形状に由来するクチボソ(口細)の別名でも知られる。

切り替えていこう!
モチベーションをあげたい時に聴く洋楽 BEST3!!

コロナ禍でストレスフルな今、通勤時やステイホームの憂鬱な気分を吹き飛ばすときのオススメチューンをご紹介いたします。

第3位 Van Halen「Dreams」

はじめて聞いたのは中学生のころでそれからずっと好きなアーティスト。理屈無しに元気が湧いてくるので、それ以外に言葉はない。出社して、事務所に入り、席に着くまで入場曲として流してもらいたい(笑)。

【オススメ曲】Van Halen「Dreams(1986年)」

第2位 Billy Joel「We Didn't Start The Fire」

世界の歴史、偉人、出来事をひたすら並べた歌「We Didn't Start The Fire」。「俺たちが火をつけたんじゃない 抑え込んでいたんだ」みたいな印象的な歌詞にぐっときます。自分なりに何かと戦おうとしていると解釈。駅を降りて会社に向かうまでに聴くと何故か気合が入ります。マリリンモンローやアインシュタイン、ジェームスディーンなどの偉人の名前がいくつ聞き取れるか?

【オススメ曲】Billy Joel「We Didn't Start The Fire(1989年)」

第1位 Prince & The Revolution「Lets Go Crazy」

プリンスは最近良く聞くようになり、ハマったアーティスト。R&B、ロック、ソウル、ファンクなど幅広い音楽性のスーパースター。ごちゃごちゃ悩んでないで、自由に生きろ! 的な感じで憂鬱な気分も吹き飛びます。

【オススメ曲】Prince & The Revolution「Lets Go Crazy(1984年)」