平野製品NEWSマガジン平野通信機材の気になる製品やニュースを徹底紹介
Dang Dang 好きになる

仕事もプライベートも全力投球「平野営業春秋」

2020.12.17 連載コラム

営業二課のSです。
寒さもひとしお身にしみる頃となりましたが、皆様におかれましてはご活躍のこととお喜び申し上げます。
日ごろはお引き立てをいただきまして、誠にありがとうございます。

私はここ数年、趣味で草野球をやっています。
高校卒業後(元高校球児)、興味はありつつ手を出せていなかった草野球。
三十路を目前に今始めないとどんどん動けなくなる...という危機感から、インターネットで検索し、自宅近隣で活動している草野球チームにえいやと! 参加しました。
加入したチームは、広い年齢層で履正社(大阪)や二松学舎(東京)出身の人もいて本格派です。
20代~60代の年齢層で、60代の方も毎試合に出場しています。
始めたばかりの時は、打てない・守れない・走れない・体痛いと想像以上の体の錆びれ具合に心折れそうでしたが、慣れとともに体も動くようになってきました。
楽しく野球をすることが目的ですが、試合にも勝っていて今年は6勝2敗1分けと参加リーグ中2位の今シーズンでした。(COVID-19感染防止対策を行っての試合)
ちなみに、私のポジションはセカンドで、今シーズンの打点はチーム中3位でした。
年々より野球を楽しめるようになってきている気がします。

話は変わりますが、日々仕事をする中で様々な案件名を目にします。
いろいろな案件がある中で、自分が携わった施設のオープンがニュースで特集されていることがあります。
渋谷スクランブルスクエア、ムーミンバレーパーク、ねこのてカンパニー等、自分の仕事が形になったんだと感慨深く、嬉しくなります。

本年も早12月となりました。
弊社は12月決算という事もあり、しっかりと仕事を納めて2021年を迎えられればと思います。
今年も一年お世話になりまして感謝申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

この冬は納豆で! 納豆ツウが選ぶ激うま納豆BEST3!!

免疫力を高める食材として有名な納豆ですが、豆の味、粒の大きさ、ネバネバ度など、納豆によって味が大きく異なります。
自称当社イチの納豆ツウ(大学時代の夕飯は週5で納豆3パックの納豆ご飯!!)がオススメする激うま納豆ベスト3です。

第3位「雪誉(オーサト)」
大粒の納豆で食べごたえがあります。大粒ですが大味ではなく、豆本来のおいしさを感じます。置いているスーパーが少ないですが、ユニークな逸品ですので見かけた際はぜひお試しください。

第2位「昔ながらの納豆屋さん(オーサト)」
中粒の納豆で、醤油ベースの濃いめのタレが自分好みでご飯が進みます。年々柔らかい豆が主流になりつつある昨今、少しかための豆の食感は文字通り「昔ながら」の納豆です。

第1位「秘伝金印(くめ納豆)」
こだわり続けて50余年の地元水戸で愛される本格派。小粒系で粒の硬さは柔らかめ、とてもよく泡立ちネバネバよりはサラサラ系。塩気の中にダシの旨味と甘味を主張したタレが絶品です。高橋克実さんが出演されていたCMも好きでした。