平野製品NEWSマガジン平野通信機材の気になる製品やニュースを徹底紹介
お客様に寄り添う営業を目指します

平野 Meets the Maker「バッファロー」

2019.05.30 メーカー特集

売る人の顔が見える製品を、顔が見える店から買いたい。毎回、様々な弊社取扱メーカー担当者にインタビューする「平野 Meets the Maker」。
今回のゲストは株式会社バッファローの大橋さんです。バッファローといえば、LANカード、HUB、ルータ、無線LAN、外付けハードディスク、DVDドライブ、カードリーダ、拡張インターフェース、USBメモリー等々で、トップクラスのシェアを誇る日本を代表するパソコン周辺機器メーカーです。弊社でもバッファロー製のスイッチや無線APは人気があり、お客様に馴染みがあるメーカーかと思います。今回はそんなバッファローでコーポレート営業を担当する大橋さんにお話を伺いました。

―― 自己紹介をお願いします。

「株式会社バッファロー、コーポレート営業部の大橋です。本日はよろしくお願いします。
このオフィスは東京支店で、営業メインの拠点です。場所が茅場町なので、平野さんのオフィスともご近所です」

趣味は野球とゴルフ。今でも週末は仲間と草野球の試合をするそうです。ポジションは捕手

―― 社名についてお聞きしたいのですが、「バッファロー」とはどういう意味が込められているのですか?

「『バッファロー』はパソコン周辺機器の『プリンターバッファー』に由来しているんですよ。1982年に前身である当時のメルコ※1が新製品として『プリンターバッファー』を発売する際、愛称を一般公募し、その中から採用されたのが『BUFFALO(バッファロー)』でした。プリンターバッファーは印刷指示をいったんメモリーに蓄えてパソコンを即座に開放するため、印刷中でもパソコンを使用できる当時としては画期的な製品で、こちらが大ヒットしたことで『BUFFALO』は一躍メジャーブランドになりました。その後メルコのパソコン周辺機器全般を指すブランドとして使用され、2003年には社名も「株式会社バッファロー」に変更いたしました。弊社は、今もメルコグループを構成する中核企業です」

※1 パソコン周辺機器の総合メーカー。1975年に個人創業した音響機器専業メーカーを1978年に改組して設立。当初は真空管アンプやレコードプレーヤなどオーディオ部門を手がけていたが、その後コンピュータ事業にシフトを移す。

マスコットキャラクターの「バフ」と「ファロ」。HPや販促グッズに使用される人気者

―― パソコン周辺機器メーカーはライバルも多いとかと思いますが、他社との差別化は意識されますか?

「弊社の強みは、製品開発力とリピーターの多さだと思っています。その証拠に弊社製品がBCN AWARD※2の各ジャンルの1位を多く獲っています。
TeraStation(テラステーション)シリーズ※3の圧倒的な支持率など、リプレースでも当社製品を使い続けていただけるよう、高品質かつ低コストな製品開発に日々取り組んでおります」

※2 全国の量販店のPOSデータを日次で収集・集計した「BCNランキング」に基づき、パソコン関連・デジタル家電関連製品の年間(1月~12月)販売台数第1位のベンダーの功績を讃える賞。
※3 2003年発売のNAS。高価なビジネス向けモデルしかなかった時代に、世界で初めて「家庭用NAS」という市場ジャンルを切り開いた。現在もシリーズは継続中で、SOHOから大規模ユーザーまで幅広い層に導入されている。

左:TS3410DNシリーズ。右:最新製品では吸気口も大きくなり冷却効率もアップ。吸気スリットは取り外し可能で埃の掃除も簡単。リモート管理サービス「キキNavi」も大好評。詳細は以下参照(https://www.buffalo.jp/biz/service/detail/kikinavi.html)

―― 御社ロビーにHDDのデータ復旧のPRが見受けられました。最近イチ押しは、データ復旧ですか?

「そうなんですよ。データ復旧サービスには、およそ2年前に事業参入しました。これには、弊社主力製品であるHDDのサポートを手厚くする狙いがあります。弊社のデータ復旧サービスは、症状に応じて設定された固定料金のため、安心して依頼できると好評です。ここ東京支店には、『データ復旧センター東京』を併設しており、普段から一般ユーザー様もご来社されます」

データ復旧の対象製品は、バッファロー製品のみならず他社製品も含めて過去に国内向けに発売しているすべてのHDDやUSBメモリー、SDカードなどのストレージ製品。光メディアについても対象となる

―― 最近の業界で気になるトピックスはありますか?

「2020年1月のWindowsWindows7サポート終了によるパソコンリプレースに伴い、サプライ製品の需要も伸びてきていますね。パソコン自体に注目されがちですけど、サプライ製品も売れています。弊社ではオフィスサプライを展開していて、キーボードやマウス、のぞき見防止シートやセキュリティーワイヤーが多く出ていますね。

東京オリンピックや外国人観光者向けの観光地における無線LANアクセスポイントの需要も高まっていますね。無線LANアクセスポイントはホテルや観光施設に多く導入されています。他にもオフィスや文教など、無線LANはまだまだ伸びている市場だと思います」

―― ここ最近のオススメ製品は何ですか?

● 無線LANアクセスポイント「WAPM-2133TR」

「先ほども話題に上がった文教向けに最適な製品です。多台数接続が可能で、公平通信制御、トライバンド仕様など、文教に必要な要素がまとまっているのが特徴です。値段もスペックの高さを考えるとお手頃だと思います」

WAPM-2133TR。「DFS(Dynamic Frequency Selection)」による無線LAN停止を回避するため、レーダー監視専用アンテナを搭載。干渉しないチャンネルを常に監視し把握することで、レーダー波を検知した際に、瞬時に干渉しないチャンネルへと自動的にチャンネル切り替えを実行

トライバンドとバンドステアリングで端末一台当たりの速度を向上。レーダー波検知でも瞬時に自動でチャンネル切り替え

「2.4GHz、5GHz(W52、W53)、5GHz(W56)の3つの帯域を同時に利用可能なトライバンド仕様の無線LANアクセスポイントです。更に、「バンドステアリング機能」が、通信する機器への振り分けを2つの5GHz帯へ自動的に分散・最適化するため、5GHz帯が1つの製品と比べ、約2倍(バッファロー調べ)の転送速度を実現しています」

● スマートLiteスイッチ「BS-GSL20Pシリーズ」

「アパート・マンション・ホテルなどで必要とされるVLANやQoS機能を搭載しています。複数ネットワークの構築や、音声や動画など遅延の影響を受けやすい通信を優先させることが可能で、スマートスイッチと比較して低コストでの導入が可能です」

BS-GSL2005P。通信の優先制御を行う多彩なQoS(Quality of Service)機能搭載

「VLANとはスイッチの内部で複数のネットワークに分割する機能です。アパート・マンション、宿泊施設などで、従業員の業務用ネットワークと宿泊者などの利用者用ネットワークを分けるといった場合に有効活用できます。本製品はポートベースVLAN/タグVLAN/マルチプルVLANなど、様々なVLAN機能に対応しました。ネットワークのセキュリティーとフレキシビリティーの併用を実現します」

● 洗えるキーボード「BSKBU310Zシリーズ」

「これは先ほど話題に上がったサプライ製品の需要に、ぜひオススメしたいアイテムです。医療や公共施設など公衆衛生が必要な環境で特に喜ばれているアイテムです」

洗えるキーボード「BSKBU310Zシリーズ」

「なんだかニッチなように思えるかもしれませんが、需要が高いヒット製品です。新シリーズでは、要望が多かったホワイトカラーもラインナップに増えました」

本体背面に水抜き穴があり、流水(水温50℃以下)での丸洗いが可能

―― お客様にぜひお伝えしたいメッセージがあるとお聞きしました。

「今年度より営業体制を一新し、よりお客様に身近で担当者の顔が見える営業体制を再整備しました。各営業の担当地域を細分化して、これまで以上にお客様に寄り添う営業を目指します。同行営業やデモ機貸し出しなどを積極的に行っていきます。

その流れで『VARパートナープログラム』を紹介させてください。VARはユーザー様が無料で登録できるWEBサービスです。ご加入していただけると、評価機の貸出や提案ツールのダウンロードなど、多数のサービスをお受けいただくことができます。登録者様には大変ご好評をいただいているサービスですので、ぜひ未加入の場合はご加入していただければ幸いです」

「VARパートナープログラム」は、販売支援・技術情報等を提供する各種プログラムを設けることで、当社商品をご提案頂くパートナー様に、より安心して商品をお取り扱い頂くことを目的としている。詳細は以下参照(https://www.buffalo.jp/biz/service/detail/var.html)

―― 最後に趣味のゴルフの調子はいかがですか?

「おかげさまでスコアで100を切りました!! ゴルフは会社の先輩に誘われて始めたのですが、野球よりハマってますね。年代を問わずいろいろな方とお話ししながらまわるのがとても楽しいです。ただ、スイングが野球っぽいとよく言われますね...(汗)」

平野営業から一言

平野営業

量販店での扱いが多く、コンシューマー向けのイメージが強いですが、文教やホテル案件などでの導入実績が数多くあります。高品質かつ低コストの商品をお探しなら是非ご検討ください。検証機の貸出し等も出来ますので、お気軽に弊社担当までお問合わせください。