平野通信機材株式会社

平野製品NEWSマガジン平野通信機材の気になる製品やニュースを徹底紹介
いったいどこのNASを買ったらいいの??

担当者が解説!! 俺のHA「NAS」を聞け!!

2018.11.07 製品情報

最近、お客様よりNASのご相談をよくいただきます。

数年前までNASはコストも高く、導入のハードルが高い製品でした。しかし、最近は様々なメーカーが市場に参戦し、魅力的な製品が低コストで揃うようになりました。嬉しい反面、どのメーカーのどの製品を選んでいいのか迷ってしまいます。

そんな状況を受けて、弊社で社員向けにNASの内覧会が先日開催されました。

今回は内覧会にご参加いただいた主要メーカーから聞いた、中小規模向けNASの選定のポイントや主要各社の特徴をご紹介いたします。

国内外の主要メーカーが一同に揃いました。弊社営業も昨今のNASの動向に興味津々でした


Synology(シノロジー)

世界的に有名な台湾NASメーカーです。新興メーカーながら、品質は必要十分でコンシューマ向けでも大人気です。ポイントはコスパの良さ! バックアップやウイルス対策ソフトを含んだ約50種類以上のSynology社製のアプリケーションが無償で使えます。

オススメポイント

①保証付きのセットで買うと「お得で安心」
代理店対応のオリジナル保守付きがお得です。このセットには、先出センドバック保守(故障したら代替品をお送りしてお客様自身で交換対応する)とオンサイト保守(翌営業日対応もしくは当日対応の出張修理サービス)が含まれます。
②全国オンサイト保守に対応
外資メーカーながら、国内代理店の国際産業技術(KSG)が全国オンサイト保守(出張修理)サービスを提供しています。
③外出先から簡単アクセス
Webブラウザとインターネット環境があればどこからでもNASにアクセスできます。高額なネットワーク機器がなくても、NAS単体でアクセス可能です。

HDDが簡単交換できる点は、ポイントが高いです

黒を基調にしたシンプルなデザインが特徴です

メーカー担当者から一言

Synology担当者

ビジネス向けにはPlusシリーズ以上を推奨しております。NASを選ぶ上で確認すべきことは1つのNASに同時に接続する人数です。20人以下は2~4ベイのデスクトップタイプ、100人以上なら12ベイ以上のラックタイプです。

Synology公式HPにNASセレクターがございます。ご活用ください。
Synology NASセレクターへ


BUFFALO(バッファロー)

法人向けNASの市場を作ったメーカーです。ベストセラーである「TeraStationシリーズ」は高い知名度と高いリピート率を誇ります。バッファローだけの特徴は多くはありませんが、機能や操作に慣れている方に支持されている点が特徴です。

オススメポイント

①高速処理・安定稼働
高速イーサネット10GbEを標準搭載したモデルやハードウェアRAID搭載モデルなどをラインナップしています。 また「TeraStationシリーズ」はすべてNAS専用HDDを採用しており、ホットスワップ・高速RAID切り替えなど、安定した稼働を可能にする機能を多く有しております。
②発売から13年の多くの実績
「Tera Station」は2005年の発売以来、多くの方にご愛顧いただいており、操作性の高さ、設定の簡易さなどで高い評価をいただき、リピーターも多くいらっしゃいます。 一方で信頼性は当時の比にならないほど向上しており、故障が理由で他メーカーへ切替された方へ向けても、再度ご提案いただきやすい性能となっております。

「TS5810DN」は、2~8ドライブまでご用意しております

「TS5410RN」は、4~12ドライブまでご用意しております

メーカー担当者から一言

BUFFALO担当者

昨今の最新NASは、10GbE対応やハードウェアRAIDなど、世の中の扱うデータが大きくなったことで、高速処理性能が発達しております。 イチオシのNASは「WSH5411シリーズ」です。ハードウェアRAID搭載の高機能ながら、安価な設定となっております。ビジネスNASの選び方は、容量・ドライブ数・RAID・OS・デスクトップorラックなどをヒアリングいただくといいかと存じます。


アイ・オー・データ機器

バッファローに次ぐ高いシェアを持ち(2018年現在)、実用性にこだわった独自システム「拡張ボリューム」に定評があります。独自の拡張ボリュームは、RAIDの仕組みを使わない、新たな冗長システムです。RAIDの欠点を補完した合理的システムで、国内のNASに一石を投じています。

オススメポイント

①「3つの安心(ハード/ソフト/サービス)」でビジネスをサポート
ハードウェア、ソフトウェア、サービスを組み合わることで、NASの安全運用を実現できる「3つの安心」を提案しています。信頼性の高いハードウェアをはじめ、毎日の運用を支援するソフトウェアからサービスまで、ビジネスNASに求められる全ての要素を万全の体制でしっかりとサポートいたします。
②独自システム「拡張ボリューム」による冗長化
増量可能(拡張性)、リビルド時間の低減(メンテナンス性)、2台のHDDに同時書き込み(安全性)を確保します。
「拡張ボリューム」とはー
③「NarSuS」にによるクラウド管理機能
独自ソフト「NarSuS」で、遠隔地からNASの監視がかんたんにできます。
「NarSuS」とはー

エアーフィルタは、埃の侵入を防ぐことでハードディスクや内部回路への付着を防ぎ、安定稼動に貢献しています。また、フィルターは水洗いすることも可能です。※よく乾燥させてからお使いください

AVアンプに使われる振動を抑制するインシュレーター搭載。搭載しているHDDから発生する振動を抑えることで、パフォーマンスの劣化を低減します

メーカー担当者から一言

アイ・オー・データ機器担当者

平野様のお客様向けに、以下のお得なラインナップを揃えております。 ぜひご参考ください。

I・O DATA 法人向けNASラインナップ【松】
I・O DATA 法人向けNASラインナップ【竹】
I・O DATA 法人向けNASラインナップ【梅】

エレコム

近年は特にNASに注力しており、シェア上位メーカーに負けずと劣らないラインナップを揃えます。NASのラインナップとして「LinuxNAS」と「WindowsNAS」の二種類があり、NASのトラブルを未然に防ぐ、無料管理サービスの「NASみる」、監視カメラ録画システムの「アロバビュープリインストール版NAS」などの機能が人気です。
また多数の会社様とソフトウェア動作も確認していますので、お客様から非常に好評を頂いております。

オススメポイント

①NASみる(無償提供のNAS状態管理サービス)
WebベースでOS環境を選ばないクラウド型NAS状態管理サービスです。 「状態管理」「稼働情報の共有」「障害対応情報の共有」をインターネット経由で管理できます。
「NASみる」とはー
②アロバビュープリインストール
近年、監視カメラの市場が右肩上がりということもあり、アロバビュープリインストール版が登場しました。インストールの手間や認証関係の手間を省くことができ、電源を入れるとそのまま使用できます。
③CPUの大幅な高速化
Annapurna Labs社製CPU搭載。処理速度向上による大容量データのアップ・ダウンロードも快適な環境を提供し、業務効率アップに貢献します。

「NSB-75S24T4DW6」は、4つのHDが入る部屋があり4ベイ。鍵付きの仕様です

「NSB-75S24T4DW6」の一目見ただけで状態がわかるこの表示方法も評価を頂いております

メーカー担当者から一言

エレコム担当者

NASは弊社でも注力製品の1つでございます。
NASの購入を検討している、サーバーかNASで迷っているそんなお客様はお気軽にご質問ください。